» 2017 » 12月のブログ記事

総量規制について

| ブログ |

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付はできないという総量規制があります。

ですが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。
さらに、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、知らず知らずのうちに年収以上にまで借金が膨れ上がっていることも多々あります。

そういった場合はとても辛い返済になりますので、債務を整理を考えた方がいいです。
貸与型の奨学金の申し込みをする際は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。ただ、過去に何らかの債務整理を行った人が保証人になろうとすると、そこがネックになって審査落ちすることもあります。保証人で悩んでいるのでしたら、保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、気遣わしい保証人などなしに奨学金の貸し付けを受けることができるのです。月々の奨学金から保証料は分割で差し引かれるので振込額は若干減ります。強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、差押えの原因となっている債権者を含めて債務整理すると、差押えは手つづきをはじめた時点ですんなり解除されるものと思いがちですが、例外はあります。

裁判所を通さない任意整理を行った場合は強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、当分は給与を差し押さえられた状態がつづくでしょう。
早いうちに和解が成立するよう司法書士や弁護士に働聴かけてもらって、差し押さえ解除にもち込まないと働くのすらままなりません。債務整理をやってみたことは、シゴト先に知られたくないものです。
シゴト場に連絡されることはございませんので、知られないでいられます。

しかし、官報に載ってしまうこともあると思いますので、見ている方がいたら、気付かれる可能性もあります。

債務整理に必要なお金というのは何があるのかというと、手はじめに着手金、最終的な結果が出たアトに払う最後の精算がつづき、アトは実費として交通費や印紙代等があります。たとえば任意整理を行ったのであれば、報酬は減額幅によって違い、最後の精算が先に定められている個人再生とは状況が異なるので注意が必要でしょう。アトは自己破産ですが、この場合も免責の決定が下されると取り決め通りの最後の精算を支払いますが、支払い方法は相談に乗って貰えるようです。

最後の精算に充てるべく借金の整理中に弁護士事務所にせっせと積み立ててきたお金は、最後の精算の精算が済んだアトは本人の手もとに戻ってきます。

お金がないのに積立をするのは大変だと思うでしょうが、債務整理後にローンの返済と弁護士への最後の精算支払いが被るのはきついですし、手つづき期間中に本来は返済するはずだったお金を積立に回すのですから、浪費癖持つかなくて済むでしょう。

なるべくなら行っておくことをお奨めします。既にある利息とこの先発生する利息がカットされて元金のみを返済していく方法が、債務整理の方法の中で任意整理と呼ぶものです。債権者と談判して、話がまとまったならば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、各月の返済額を減ずることができるのです。
元金も減らされないとどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別の個人再生という方法により手つづきする事となります。弁護士などに借金の整理の手つづきを依頼した場合でも、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。でも、この数ヶ月の間に金利や延滞損害金が増えるといったことはありません。

債務整理のなかでも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。
この債務についても、金利はかかりません。けれども、万が一、返済が遅れてしまうと、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるためきちんと返済するようにしてちょーだい。
借金が払えない時にはどうなるのか

借金の整理をするとブラックリストに名前が載るので、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが簡単にはいかなくなります。

この期間ですが、債務整理の方法で変わります。

とはいえ、収入が安定していて、今勤めている会社の勤続年数が長いようなら、一部の消費者金融ではキャッシングも可能かも知れません。任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。

個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はとっても厳しくなります。いくら自己破産が借金すべてを清算できると言っても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務を整理は破産法に依拠して行われるのですが、非免責事項としてその中に載っているものは引きつづき支払う義務があります。例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

ただ、同様の扱いに思え沿うなものの、養育費は免責されないのに対し、離婚で発生した慰謝料は免責になる場合があります。
借金がかさ向ことにより、もう自分の力で解決できない場合に、債務を整理が行われます。

借金が返せない人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してみましょう。そして、あとは裁判所で、弁護士と債権者、裁判官が相談します。月にいくらなら返済できるかなどを話し合い、その後の返済すべき金額が決定されます。
借金の整理の際に、車の処分を避けたいのの場合は、車のローンはそのままで、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。
しかし、持ちつづけることに許可が下りるかについては、生活の中でどれだけ車が必要になっているかで判断が異なるため、一概には言えません。

車がなければ生活が破綻してしまうというようなケースでない限り、所有を認められない可能性も高いので、担当の弁護士などと打ち合わせをして、どれだけ車が必要なのかを伝えるといいでしょう。お子さんのいるのの場合は、債務整理の影響が気になります。

もし債務整理をした場合、子ともに必要な教育ローンの審査に影響が及ぶのかどうかは、把握しておく必要があります。

主な教育ローンですが、銀行が提供しているサービスと、国の教育ローンという日本政策金融公庫提供の教育ローンがあります。
民間の金融機関も日本公庫も、ともに個人信用情報機関の情報を参照して審査を行なうので、債務整理を行った場合はどちらの教育ローンの利用も難しくなってしまいます。
任意整理を終えて、任意整理を話し合って決めた業者からの借り入れは不可能になります。沿うなのですが、任意整理を終えた後、いろいろなところから借りていた借金を返し終わったら、5~10年ほど経てば、信用情報機関に記載された情報が消滅しますので、その後は借り入れができるでしょう。
自己破産や個人再生などの方法がある債務整理ですが、任意整理の場合は住宅ローンやその他のローンも組めるかも知れません。債務整理の中でも、支払いをつづけるという姿勢を掲示できる任意整理は、裁判の内容が掲載される官報に名前が載ることもないでしょう。

もし、借金の返済時に過払い金が出ていた場合、返還請求した過払い金で借金を返済できる場合もあります。この場合は、初めからブラック状態になる可能性がありませんから、安心してください。返済のやくそくを反故にして訴えられ、裁判所から特別送達が送られてきてからでも、必要に応じて債務整理をすることはできます。

その際とられるのは主に提訴してきた債権者に対する任意整理であって、債務整理を初めると先方が訴訟を取り下げることもあり、沿うなれば差し押さえなどは回避する事が出来てます。

それから減額の交渉をして和解成たとなれば返済をもとめる裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、交渉で決めた通りの返済を行ない、完済を目指します。
借金滞納してしまうとどうなる?