自動車保険は、自賠責保険と任意保険に分けられます。
自賠責保険と任意保険の大きな違いは、強制的に加入するか、加入は車の所有者の自由かにあります。
他にも、補償の範囲や示談交渉などで違いがあります。
強制保険である自賠責保険は、法律によって加入が義務化されており、補償は人身事故時の対人のみです。
未加入の場合は、法律で罰則が定められています。
更に、保険金の額や補償の内容なども法律で決められています。
怪我をさせた場合は、120万円まで、死亡させたら3000万円までとなっています。
保険金の請求は自分で行うため、審査などによっては支払額が少なくなる場合もあります。
また、示談交渉は、請求者が自分でやらなければなりません。
一方、加入するか否かが車所有者の意思に基づくのが任意保険です。
任意保険では、補償範囲や保険金額などは各保険会社によって異なり、加入者が自分で保険会社や内容を選ぶことができます。
請求先は加入している保険会社で、示談交渉も保険会社が行う場合があります。
ただ、請求には時効があり期間過ぎてしまうと最悪保険金の請求権が消滅してしまうので気をつけましょう。
アルファード 買取